2006年08月13日

高校野球第二試合 仙台育英vs日大山形

あ”ーぐやじい”〜〜exclamationexclamation
なんつってもおとなりの山形に負けるのが悔しい!!
佐藤の3回の4失点もありますがやっぱり、
打線がチャンスで攻めきれなかったことが最大の敗因でしょう。
しかし5回の二死満塁の場面での大きなフライは
捕った日大山形のレフト・庄司君をほめるべきでしょう。
日大山形のエース・阿部君の粘りのピッチングも
佐藤君のお株を取られたようないいピッチングでした。
そんな実力を出し切った日大山形に勝利の女神が微笑んだのでしょう。

まぁ、とにかく勝った日大山形にはとことん上に行ってもらいましょう。
今回は横浜・大阪桐蔭・愛工大名電・常総学院・清峰
といった有力校が次々と敗れていますから、どこが優勝するかはまったくわかりません。
(あ”、駒大苫小牧がいたか… 青森山田ガンバレ!!)

posted by 楽天家 at 18:14| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

長崎清峰、選抜の借りは返せず敗退。日大山形を救ったのは超ファインプレー!【第88回全国高校野球選手権大会・第8日目】
Excerpt: 【第1試合】選抜優勝校、準優勝校共に敗退。清 峰|0 2 0 0 0 0 0 0
Weblog: 管理人は別の顔
Tracked: 2006-08-13 23:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。