2010年06月12日

vsヤクルト(3) ワンチャンス

10/6/13

夏を思わせる陽射しが照りつける仙台
いよいよ2010年の交流戦もこのヤクルト2連戦で終了
2連勝すれば念願の交流戦優勝もありうるだけに、岩隈―田中の2枚看板に余計期待がかかる

そんなエースを援護しようと、打線は石川を毎回のように攻めたてチャンスを演出するものの
不運なファールなどもあって、なかなか先制点を奪取できない。
そして迎えた5回表、打撃妨害など不運が重なって一二塁のピンチ
何とか2アウトまでこぎつけた岩隈だったが、青木・田中浩康・ガイエルの3連打で一挙3失点
たった一度の得点圏であっさり先制点を奪われた

こちらはノリさんのソロで1点返すものの、その後もチャンスを作っては潰される最悪の展開
最後は増渕―松岡―林昌勇のリレーで試合終了
1-4でEAGLESの交流戦優勝が消滅してしまいました。
そして岩隈はまさかの交流戦0勝。打線はどれだけ彼を見放せば気が済むんだ…

ジリジリ照りつける陽射しがひたすらにイタい土曜日なのでした。

7回表、泥酔した外野レフトの観客がフェンスから転落し担架で運ばれる事故がありました。
昨年横浜スタジアムで同様にフェンスから外野へ転落し、観客が死亡した例があり
安否が心配されましたが、幸い命に別状はなかったようです
またその数分後には、ふざけたフィールドシートの観客がグラウンドに飛び出し
警備員数人に捕らえられ、つまみ出されるという一幕もありました

いずれも今までになかったことで、一時球場は騒然とした雰囲気になりました
何と言いますか、この一件で私自身は残念なテンションになってしまいました。
憤っているというわけではありませんが、それでも試合に水を差したのは確かだと思います

私も含め、みんなで球場でのマナーを守って
これからも無事平穏に楽しく野球が観れたらいいなと私は思います。
posted by 楽天家 at 18:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153459152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。