2010年03月28日

vs西武(2) 産みの苦しみ

10/3/28

真冬の寒さに雪もちらついたKスタ宮城
そして未だに光の見えてこない2010年のEAGLES
マー君で何とか勝ちをもぎ取ってほしいところ
しかしそんな打線に立ちはだかったのが天敵・帆足
緩急自在の投球術に次々と凡打の山を築き、ファンをやきもきさせる
しかしマー君も3回に佐藤友亮のタイムリーで1点を失うものの
その後はテンポの良い投球で追加点を許さない

そして迎えた8回裏、代打・高須の連打に直人の死球で二死ながら満塁のチャンス
ここで渡辺監督は帆足をあきらめ左の星野にスイッチ
続く鉄平はフルカウントからしっかり見送り、押し出しで1-1
願ってもない千載一遇のチャンスをモノにし何とか同点
しかし、3番手の藤田太陽に8・9回と抑えられ、試合は延長戦へ…
10回もマウンドに上がったマー君は勝利を信じ、気迫の投球で西武打線を封じる
その願いがようやく通じたのか、10回裏またしてもにヒットが飛び出し、憲史も続いて一三塁
最後は直人のセカンド強襲に片岡ホームへ投げられずサヨナラ!!
2x-1でようやくEAGLES2010年初勝利を手にしました。

帆足に苦しみ、チャンスにも去年のような一気にたたみかける攻撃はみられませんでしたが
苦しんだ後の勝利の喜びはひとしお
半年の間忘れていた喜びを思い出させてくれた初勝利なのでした
タグ:田中 渡辺直
posted by 楽天家 at 18:12| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144971551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。