2009年10月26日

CS 2nd(2) 絶体絶命

09/10/22

岩隈・田中の2枚看板W完投で1st stageの通過を決めたEAGLES
続いて札幌での2nd stage、1勝のアドバンテージに臆せずここも勝ち抜くぞ!!
のはずだった第1戦。4点リードで迎えた9回裏。誰もが1勝1敗を確信していた9回裏。
稲葉のタイムリーで1点詰められ、満塁の場面で迎えたスレッジの打球は熱狂のレフトスタンドへ―

2敗のアドバンテージを背負い、いざ私も札幌上陸!!
今日の先発は岩隈と糸数という投手。左投手でもない。「もらった。」そう思った。
しかし、打てない。面白いように要所で打てない。
4回のセギノールのソロでなんとか先制するものの
直後に岩隈が小谷野にライト線を破られすぐさま1-1の同点。

そのままガマン比べが続いた7回、二死満塁のピンチで高橋がショートを越えるセンター前
先に力尽きたのは岩隈のほうだった。
しかし8回、糸数のあとを継いだ宮西を攻め立て無死満塁の絶好機
逆転。いや3点差には持っていきたい…皮算用をたてる筆者に現実は非情だった。
内野ゴロ・内野ゴロ・三振。見事な拙攻。本当に見事だった。
最終回も武田久からなんとか一二塁のチャンスを作るものの
セギノール・草野の連続三振で試合終了。

1-3で通算0勝3敗。いよいよ後がなくなった。
とにかくまずは一矢報いてくれ!!
posted by 楽天家 at 21:54| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 5th season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131252626

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。