2009年10月16日

CS 1st (1) 新たな歴史

09/10/16

EAGLESがこの世に生を受けてはや5年。ついにこの舞台に足を踏み入れる時が来た。
初めてのCSがあろうことに仙台とは…144試合頑張った甲斐があったなぁ〜
そんな感慨に耽りながら、打撃練習で柵越え連発の不気味な田上をボーっと見ていた試合前
やがて陽は沈み、いよいよここKスタでの CS 1st Stage がはじまる。
そんな新たな歴史はいきなり劇的に幕を開けた。

1回裏、先頭の高須の打球がまさかまさかのレフトスタンド!!
5年前の本拠地開幕戦を思わせる先頭打者アーチで1点先制すると
セギノールがセンターへの2ランで3-0とし、杉内の出鼻をくじく。
さらに3回、鉄平のタイムリー・セギノールの犠飛で2点を追加し
最後は中島がレフトポール直撃の2ランホームラン。
3回途中7失点、杉内はあえなくKO。球数少ないから明日以降の登板あるかも。

一方の岩隈、3回までは完全ペース。これはもしかして…
なんて考えてた矢先の4回、川アに初ヒットを許すと松田ヒット・小久保四球で満塁のピンチ
ここでオーティズにセンターへ弾き返され2失点。
さらに田上の討ち取った二ゴロを高須がまさかの後逸
7-4と流れは完全にソフトバンク
ロースコアな投手戦という下馬評を完全に覆し、若干大味気味な試合
岩隈はその後5回にもピンチを背負うものの、ここを0点で切り抜けると
6回以降は完全に勢いを取り戻し、ソフトバンク打線をシャットアウト!!

この好投に打線はソフトバンクにトドメを刺す。
6回裏、中島のレフト前をレフト・吉川が弾き、さらに中継・川アが悪送球
ただの短打で労せずして3塁まで進むと、続く草野の打球は前進の内野と外野の間にポトリ
さらに塁を満たすと、直人が直球をセンターへ一閃!!
シメはラッキー7、武司さが初球をレフトスタンドへ久しぶりの一発。

…もうお腹いっぱいです。
先発全員安打の12安打11点。強い。
11-4EAGLESが1st Stage緒戦をもぎ取り、札幌に王手をかけました
つながる打線、ミスに漬け込む先制・中押し・ダメ押しの三段攻撃。さすが2位のチーム
試合前の「打てるの?」なんて心配、全くの杞憂でした。

流れはもはやこちらにあり。明日で一思いに決めてやりましょう。
posted by 楽天家 at 23:52| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 5th season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130445768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。