2010年06月02日

vs阪神(2) 鬼門の仕事帰り

image/2010-06-16T18:52:411

水曜日の17:00、職場を飛び出し意気揚々とKスタにむかう
今日は阪神戦。さすがに外せない。
今年も案の定、黄色と黒をまとった集団が一塁側半分、いやそれ以上を占拠していた。

永井とフォッサムで始まったこの試合
3回に四球絡みで2点を失った以外永井は順調に阪神打線を抑えていく
しかし終盤に近づくにつれ、勢いづいた猛虎打線に何度となく攻め込まれ終始ヒヤヒヤな展開
かたや打線はフォッサム相手にジリジリと加点しラッキー7に鉄平のタイムリーで3-2
やっと掴んだ1点リード、片山―小山のリレーで8回を乗り切り迎えた9回表。
守護神川岸がマウンドに上がり、これでなんとか勝利を…
その希望は儚く打ち砕かれた

先頭の鳥谷を四球で出すと代走・大和が初球でスチール
これで完全にペースを乱され、平野には不運な内野安打。
マートンはなんとか三振に切ったものの
金本のタイムリー、新井の犠飛、ブラゼルのヒット、最後は城島の3ラン…
畳み掛ける攻撃とはまさにこのこと
一気に3-7とされ、最後は球児で試合終了。

どうしてこうも仕事帰りに観に行くと勝てないかねぇ…
平日ナイターはしばらく自重することに決めた水曜日の夜なのでした

ついでに
posted by 楽天家 at 22:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

vsヤクルト(3) ワンチャンス

10/6/13

夏を思わせる陽射しが照りつける仙台
いよいよ2010年の交流戦もこのヤクルト2連戦で終了
2連勝すれば念願の交流戦優勝もありうるだけに、岩隈―田中の2枚看板に余計期待がかかる

そんなエースを援護しようと、打線は石川を毎回のように攻めたてチャンスを演出するものの
不運なファールなどもあって、なかなか先制点を奪取できない。
そして迎えた5回表、打撃妨害など不運が重なって一二塁のピンチ
何とか2アウトまでこぎつけた岩隈だったが、青木・田中浩康・ガイエルの3連打で一挙3失点
たった一度の得点圏であっさり先制点を奪われた

こちらはノリさんのソロで1点返すものの、その後もチャンスを作っては潰される最悪の展開
最後は増渕―松岡―林昌勇のリレーで試合終了
1-4でEAGLESの交流戦優勝が消滅してしまいました。
そして岩隈はまさかの交流戦0勝。打線はどれだけ彼を見放せば気が済むんだ…

ジリジリ照りつける陽射しがひたすらにイタい土曜日なのでした。

ついでに
posted by 楽天家 at 18:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

vsヤクルト(4) 直球勝負

10/6/12

土曜日の炎天から一転の曇り空な仙台
でもそれが熱をさえぎり、かえって心地よかったりもする日曜日。
交流戦の最後を飾るのはマー君と由規。巨人や阪神にも負けず劣らず人が入ってましたよ

そんな2万人超の観客の期待に2人とも見事に応える
マー君は3回に田中浩康のあわやタイムリーを許した以外は危なげなくヤクルト打線を封じ
由規は持ち味の150km/h超の直球で真っ向から勝負し、5回の山アのソロを除いて
EAGLES打線を完全にシャットアウトする。
こうなると1-0でさっさと2時間そこそこで終わって…なんて展開になりそうだったが
終盤に悪夢が待っていた。

8回表、福地が内野安打で出ると青木が内角を強引にライト線まで打ち返し無死二三塁。
マー君、絶体絶命のピンチにガイエルにはフォークを見切られて満塁
そしてデントナに犠飛を許し1-1。守り続けてきた1点リードをついに奪われた
さらにここから審判との格闘が始まり、飯原・相川とまさかの連続四球で押出し
1-2とひっくり返され、瞬く間に形勢逆転

打線は8回にようやく疲れの見えた由規を攻めるも最後は松岡―林昌勇のリレーで試合終了
1-3でEAGLESまさかのエース2連敗で交流戦を終えてしまいました。

由規の直球を打線が打てず、援護しきれぬうちにマー君が崩れた。理屈は非常に単純明快。
一週間の中断の間にキッチリ切り替えて、ロッテ・西武に挑んで欲しいです

2010年EAGLES交流戦成績:13勝10敗1分(5位)

ついでに
posted by 楽天家 at 19:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

vsロッテ(6) restart

10/6/19

交流戦も終了し、この千葉から再びレギュラーシーズンスタート
前日が雨で流れ本日も雨が危ぶまれたものの
一転、夏の日差しが容赦なく照りつける千葉マリンスタジアム
そんな幕張のマウンドに交流戦0勝の岩隈が上がる。
今日こそ孤高のエースに援護射撃はあるのだろうか…

そんな思いを成瀬がことごとく打ち砕く
5回途中まで得点はおろかヒットも0。酷いとは思っていたがまさかここまでとは。
またしてもエースはQuality Startだけしてむざむざ負けるのか…

そんな絶望をある男が一瞬で希望に変えてくれた。
高須が振り抜いた打球はみるみるレフトスタンドへ―
チームの初ヒットが両チームの初得点。1-0で見事に先制すると
2アウトから直人聖澤の3連打で2-0。一気に畳み掛ける。
さらに7回には西岡のトンネルで一三塁とすると、があっさりと三遊間を破り3-0
ミスにまで漬け込んで、もうEAGLESじゃないみたい

これに気を良くした岩隈は7回まで散発4安打でシャットアウト
後を継いだ小山川岸も難なく3人ずつピシャリと抑えてゲームセット

3-0で岩隈は一ヵ月半ぶりの5勝目を手にし、
EAGLESはレギュラーシーズン再開戦を勝利で飾りました。
先週あれだけ1点が遠かったのが、こうもあっさりと勝ってしまうとどうも気持ちが悪い(笑)
それくらい後半は理想的展開でした。こんな野球をファンとしてこれからもいっぱい観たいです

ということで明日の永井にも勝ってもらって、ここから再スタートといきましょう
ラベル:岩隈
posted by 楽天家 at 22:33| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

vsロッテ(7) Follow or Against

10/6/20

エースで幸先良いスタートを切れたEAGLES
永井で連勝してAクラスへの道を拓きたいところ。
そんなEAGLESに対するのはここまで5連勝中とツキにツキまくっているマーフィー
初物に弱すぎるEAGLES打線が果たしてこんな絶好調男を倒せるのか!?

試合はひょんなところから動き出した
2回表、突然マーフィーの制球が崩壊。
2アウトながら満塁まで持ち込むと、聖澤も四球を選びまさかの押出し
労せずして1-0とEAGLESが先制する。
1点差など本来なら点差のうちに入らないのだが、
この日の永井は風速10m/s弱のマリン風を最大限活用し
何本ものホームランを外野フライに仕留める。

あとは打線がもう一押し…なのだが、3回以降持ち直したマーフィーに打線は凡打の山
完全にいつもの調子に戻ってしまった。
こうなるとあとは虎の子の1点リードを死ぬ気で守り抜くしか道はないのだが…
このチームにそれは酷な話だった。

7回裏、永井が先頭のサブローを四球で出すと竹原にヒットでつながれ
里崎に風をものともせずライトフェンスまで持ってかれ、あっさりと1-1
さらに金泰均・西岡はなんとかアウトにしたものの、今江にライトへ流されて1-3
一瞬にしてひっくり返された。

あとは薮田―小林宏のリレーに沈黙で試合終了。1-3で連勝ならず。
永井はいつもの四球癖。やっぱり点に結びついてしまうんですね。
そしてマーフィーに手も足も出ずな打線。実質シャットアウトされたも同然っすからね…
マリンの風が余計体に沁みた日曜日なのでした。
posted by 楽天家 at 21:03| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

vsソフトバンク(10) もはや呪い

10/6/25

"これ余ってるから行ってきな"
まさか会社の上司から年間シートを手に入れてしまうとは…素晴らしすぎる。

ということで半月ぶりの仕事帰り。今日こそ平日ナイター初勝利を。
と意気込んで行った18:20。スコアボードにはすでに"2"の文字が
初回になにが起こったのかは分かりません。とりあえず岩隈が2点取られてました。

一方の打線は来日初先発のダービンの前にまたしても決めきれず。
それでも4回ようやく一三塁までこぎつけるも、武司さんの当たりは不運なエンタイトル
まさかの1点どまりでみすみす同点のチャンスを逃すと、その後も1点ビハインドのまま

岩隈は被安打10ながらも、要所を抑えて初回の2失点で乗り切るも8回で降板。
またしても勝利は付かず。いよいよフラストレーションがたまるんじゃなかろうか。
7回からは恒例のSBMリレー。もはや万事休すかと思われた最終回
最後に一波乱起きた。

今季調子のいいはずの馬原が本日ご機嫌斜め
ノリさん―ルイーズの連打であっさり2-2の同点。
さらに高須のヒットで一死一二塁。もうさっさと試合終わらせちゃおう。
みんなが白風船を膨らませ、草野の打席を見守る。
1-3から放った打球は不運にも一塁・松田のグラブの中。

最悪のライナーゲッツーで延長戦に突入すると
10回に登板した川岸は2アウトから2連続四球に3連打で一挙4失点。
それまでの押せ押せムードが一瞬にしてお通夜に変わった。
結局その裏も3人であっさり終わり2-6で試合終了
9回の草野の会心の当たりが野手の正面で、打率0割台の田上のどん詰まりがタイムリー
このへんがAとBの差のようですね。

ということで平日ナイターはこれで0勝4敗。
観に行かないとちゃんと逆転とかしてるのに観に行く時に限って、なぜだ…
しばらく平日は謹慎しようかな。

posted by 楽天家 at 23:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

vsソフトバンク(11) 勝ちきる力

10/6/26
 
昨日は壮絶な敗北を喫したEAGLES、その悔しさを永井に託す。
しかし2回、ペタジーニへの四球を皮切りに長谷川・オーティズ・柴原の3連打
畳み掛けるような攻撃であっという間に2点を失う。
それでも永井はその後何とか踏みとどまり、8回までこの2点のみとしっかりゲームメイク
 
あとは援護なのだが、打線は和田に対して3回に直人のタイムリーで1点を返すのがやっと
終盤はホークス定番のSBMリレーになす術なく、
特に8・9回はファルケンボーグ・馬原に屈辱の6連続三振で試合終了
1-2で和田に10勝目を献上してしまいました。
 
やっぱり後ろがいて、こういう僅差の試合をしっかり勝ちきれるチームが上へ行くんだよな
そんなことを考えながら宮城野大通をとぼとぼ帰っていった土曜日なのでした。
posted by 楽天家 at 17:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

vsソフトバンク(12) 拙攻の果てに

10/6/27
 
今日も上司から頂いた年間シートから観戦
川井・岩アというなんとも大味な試合を予感させる予告先発…だったのだが
試合は大方の予想に反して息の詰まるような投手戦
お互いラッキー7に1点ずつ入れると、終盤こちらは投手をつぎ込みまさに総力戦
何とかサヨナラしたい打線は9回、二死満塁の絶好のチャンスをつくるも聖澤があえなく三振
 
小雨の降りしきるなか、空気が非常に間延びした延長戦が始まった
どちらも点が入らぬまま1イニング終わるたび、一人また一人と帰る人がちらほら。
12回になる頃には、まるで平日ナイターが始まる前のようなガラガラっぷり
最後は結局ノリさんの右飛で試合終了。
 
1-1、4時間27分の苦闘はどちらも勝ちきれぬまま引き分けとなりました
こちらは救援陣ほぼ全投入なのに対し、あちらは馬原だけ。
最後まで見た観客にとっても、チームにとっても非常に疲れのたまる試合でした
次の日仕事とか…考えただけで鬱になる。
posted by 楽天家 at 18:07| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | EAGLES's 6th Season | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。